老人性イボ

老人性イボは脂漏性角化症とも言います。 老人性イボは老化現象です。 名前から老人に出来るイボという感じがしますが、20代でも出来るイボです。 大きさ、形、色もさまざまです。 60代のおよそ80%、80代の100%にできています。 良性のイボですので、放っておいても問題ありません。しかし、できやすい首回りや顔は目立ちます。 皮膚科で簡単に除去出来るので問い合わせてください。 除去方法は、液体窒素、レーザー照射、ハサミによる切除です。大きいものですと手術もあります。 液体窒素やハサミによる切除はほとんど痛みはありません。レーザー照射は局所麻酔を行いますのでこちらも痛みはありません。 首回り、顔にイボが出来てきたと感じたら皮膚科を受診しましょう。

老人性イボが出来る原因は紫外線です。紫外線を日常浴びている人や、紫外線ケアをしていない人などできやすいです。古くなった角質が剥がれずに残り、突起します。アクセサリーなどの刺激で常に首に刺激や摩擦があることも原因の一つです。他には遺伝的要素も関係しています。身近な両親など老人性イボができていないか確認してください。 素人目で老人性イボだと思い込んで放っておいたら、重大な別の病気だったということもあります。 だんだん大きくなるや、形が歪など少しでも不安に思う点があったらすぐに病院の受診をお願いします。 皮膚科ではよほどたくさんの除去でない限り当日治療が可能な医院が多いです。時間のかからない治療なので、老人性イボで悩んでいる方は是非受診してください。